深夜釣行 > 釣果写真 > 2018年4~6月

2018年4月~6月 釣果写真

4/21マゴチ×4
5/2マゴチ・ソゲ 5/6ヒラメ・マゴチ 5/12マダイ 5/13アコウ・シーバス 5/19ソゲ 5/20ヒラメ
6/2チヌ・ヒラメ 6/29シーバス 6/30シーバス   

6月30日昼 シーバスセイゴ~最大72cm 6本

53cm (TKLM ""8/9.5")


60cm (TKLM ""8/9.5")


50cmぐらい (TKLM ""8/9.5")


72cm (ナイトレイドNR80F)
昨夜のナイトゲームは今ひとつパッとしなかったので、土曜日の昼前に再出撃。

1ヶ所目の河口オープンエリアでは、まずは魚がいるかどうか探るため、TKLMを遠投して連続でジャークしまくりながら反応を探ってみる。

TKLMをデイゲームで使う場合はジャークベイトとして使うのが自分のお気に入りメソッドなのだ。

水はそれほど濁っていなかったので、激しい動きで広範囲にアピールする作戦だ。

するとその1投目からルアーの後ろでギラリと何かが光ったのが見えた直後にヒット。

サイズは50cmチョイだったが、いきなり魚を見つけてしまった。

さらに2投目は沖のストラクチャー(石積波止)の際でボイルしたようなので、そこをジャーキングで通してやると、またもやヒット。

こいつは寄せてくるとルアーをしっかり咥えてるのが見えたので、スマホを取り出して動画撮影。

無事取り込んだのは60cmの綺麗な姿のシーバスだった。

さらに3投目のTKLMジャーキングにもシーバスがヒットしたが、これはすぐにバレてしまった。

4投目以降は反応がなくなってしまったので、河口オープンエリアは見切って少し上流にある橋の影をやってみる事にした。

橋の下は岸際にシーバスが定位している事が多いので足音を立てないように慎重に身を屈めてエントリーする。

、橋の左岸では反応がなく、右岸では岸際の凹みのところでチョンチョンとジャークして止めでセイゴが飛びついてきた。

さらに上流の水門周りもチェックしてみたが、シーバスの気配はなかったので、この川を見切って別の河川に移動。

橋の明暗や壁際や流れ込みを探ってみるが、セイゴをバラシたりチヌを掛けたりはしたものの、思った程の反応は得られない。

ここの水は茶色く濁っているので、魚が広く散っているのかもしれない。

1ヶ所目のように明確なヒットパターンを見つけられず、次にどうしようか考えながらナイトレイドを巻いていると、そのピックアップ際で足下の水面が突然バコン!と弾けた

完全に油断してよそ見していたので、めっちゃビックリしたがちゃんと掛かってくれたようだ。

しかもナイトレイドを加えてジャンプした魚体は以外と良型♪

無事に取り込んだのは70upの今日イチサイズのシーバスだった。

その後はセイゴを2本釣ったところでお昼どきになったので終了。

爆釣とはいかなかったが、まずまず遊べた本日のシーバスゲームだった。


オマケ動画↓(2本目60cm)

6月29日夜 シーバス40~50cm前後 3本

55cmぐらい  (ナイトレイドNR80F)


2本目 (ナイトレイドNR80F)


3本目 (ナイトレイドNR80F)
金曜日昼間に大雨警報が出るくらいの雨が降ったので、夜仕事が終わってからシーバス狙いで出てみた。

1箇所目の川では壁際でセイゴを1本バラシただけで終了。

思ったようにシーバスの居場所が絞り込めない。

2箇所目の河口脇水たまりポイントを覗いてみる。

するとここでは岸際のマイクロベイトと散発的なシーバスのボイルが見えたのでやってみる事にした。

壁際でショートバイトそしてバラシ。

次に砂州際のマイクロベイトへのボイルにナイトレイドを通して、やっと本日1本目。

その後はまたバラシ連発しながらもセイゴを2本追加したところで反応がなくなったので終了とした。

期待の雨後シーバスだったが、イマイチ期待外れの貧果で終わってしまった。

ナイトゲームに自分の釣りのリズムが合ってないような気がしないでもないか・・・

それにしても、今夜はなぜかバラシすぎ・・・
(8本掛けて5本バラシた)

よく考えたら今回面倒臭くて針のカエシを潰してなかったのだが、やっぱりシーバスに関しては針のカエシは何の役にも立たないな。

魚以外のモノ(手袋とか服とか車の内装とか)に刺さった時にはあんなに抜けにくいのに、シーバスはバレるバレる(笑)

バーブレスの方がバレにくい・・・とは言わないが、これだったらやっぱりカエシはない方がマシだと改めて思った夜だった。
6月3日朝 ソゲ37cm

ソゲ37cm  (自作タイラバ10号)
今朝もやっぱりヒラメ狙いで早朝出撃。

探索範囲を広げるべく、朝イチは前日午後にマゴチをバラシた防波堤に入ってみるが、一通り撃ってみてノーバイト。

次はいつもの護岸に移動してやってみると、ここで釣れたのは随分かわいいソゲちゃん。
(カレイだったら良型なのだが・・・ ソゲはリリース)

結局これ1枚で終了となってしまった。

さて、来週からは別のターゲットも視野に入れるかな^^
6月2日朝 チヌ48cm ヒラメ58cm

チヌ48cm(ハードコアスピン32g)



ヒラメ58cm  (自作タイラバ10号)
ヒラメを釣りたい病も重症化の一途を辿っている。

とにかく情報もなく分からない事だらけなので、試してみたい事はまだまだ尽きそうにない。

この日も朝3時半に目覚ましをセットしたのに3時20分に勝手に目が覚める始末だ。
(平日はギリギリまで寝てるのに)

4時半すぎには高松市内の現場に到着した。

まだ日の出前ながら明るくはなっているので、まずはスピンテール(デュエルハードコアスピン32g)で朝マズメの活性の高いヒラメを狙う作戦から開始した。

すると開始早々に気持ちのよい重量感のあるアタリが来た。

頂き♪~ 

かと思いきや、ヒラメにしては引きがおかしいので何かと思ったら、上がってきたのは黒い鯛だった。

良型のチヌだが今日は君には用事はないのよね^^

という事でチヌさんには海にお帰り頂き、次はタイラバでボトムを絨毯爆撃開始。

1投毎に横に10歩移動しながら、面を塗り潰すようにボトム付近を探っていく。

しかしいっこうにアタリが来ない。

いつも釣れる時は開始してすぐに釣れるし、ダメな時は粘ってもダメな事が多いのがこれまでのパターンだ。

やがて干潮の潮止まりを迎え、今日はダメなのか?と諦めかけた7時半頃にだった。

リトリーブ中にクンッというビミョーなあたりの直後にズッシリとした重量感でロッドが絞り込まれた。

遠方でのヒットだったので魚の動きを感じながらゆっくり慎重に寄せてくる。

寄っては来るが浮いては来ず、近くに来るほどに増す重量感。

時折ロッドを激しく揺らすヘッドシェイクはヒラメっぽい♪

そして護岸から釣るヒラメの醍醐味とも言える足下での攻防を経て魚を水面まで浮かせにかかる。

最後は緊張のタモ入れでスリリングなファイトを楽しませてくれたのは、レギュラーサイズながら本命のヒラメだった。

しかしこのヒラメを引き上げる時に、ほぼ新品のタモシャフトをまた不注意で折ってしまった。

手痛い出費だったけど・・・ヒラメ釣れたからいいや^^
5月20日朝 ヒラメ58cm

ヒラメ58cm  (自作タイラバ10号)
タブーへの挑戦!
今回はクーラーBOXに氷を入れて早朝自宅を出発してみた。

朝イチはいつものポイントでモンタさんや団長さんとダベった後、一人別の防波堤に移動して真剣モードでひらめを狙ってみる。

クーラーに氷まで入れて準備して来た日には釣れないという鉄板ジンクスがあったのだが・・・

開始して間もなくゴンッ!という衝撃の直後にグングンとロッドを揺らす生命感。そして寄っては来るけど浮いては来ない海底を這うような重量感と竿下での力強い突っ込み。

なんだ、ちゃんと釣れるじゃないか( ̄ー ̄)

最近狙った獲物がサクサク釣れるのは、こんぴらさんにお参りした御利益がまだ効いているからに違いない。
5月19日朝 ヒラメ(ソゲ)40cm

ソゲ40cm  (自作タイラバ10号)
夜明けとともに雨が上がる予報だったので早起きしてヒラメ釣りに出掛けてみた。。

今回はいつもの高松のヒラメポイントではなく、ショアラバでは今まで1回しかやったことのない坂出市の防波堤に来てみた。

今年1月に初めてやった時にマダイが釣れた波止だ。

堤防先端から開始して1投毎に10歩移動しながらボトム付近を探っていると、先端から20mぐらい戻った所でゴン!っと気持ちの良いアタリが出た。

上がってきたのはギリギリお持ち帰りサイズ?の40cmのソゲちゃん。

今夜はソゲの煮付けだな^^
5月13日夜 シーバス50cmぐらい

シーバス  (X-80SW X-80SW Shallow)
近年は敬遠しがちだったナイトゲームだったが、昼間に雨が降って川が増水しているようなので久しぶり夜の釣りもやってみる事にした。

夜は魚の居場所を絞るのが難しい反面、意外な所でも食ってくるのが楽しい。

2ヶ所やった結果は3ヒット2バラシで1匹だけは釣れたが、午後10時には眠くなったので撤収~

そろそろホームページタイトルの変更を本気で考えたほうか良いのか?(笑)
5月13日朝 アコウ40cm

アコウ 40cm (自作タイラバ15号)
前日の土曜日にマダイが釣れたので、さだぼう!さんを道連れにマダイ狙いで同じ場所へ行ってみた。
開始して暫くはアタリがなかったが、昨日と同じような潮が緩み始めたタイミングでゴツゴツとアタリが来たが、これはフッキングには至らず。
小雨が降り始めて今日はもう止めようかと思い始めた頃に本日2回目のアタリが来て、今度はバッチリ針掛りした手応えだった。
手前にはカケアガリがあるので沖で弱らせるためにリールをあまり巻かずにロッドでためていると、全く動かなくなってしまった。
ヤバイ! マダイではなく根魚だったのか?
レバーブレーキを握り締めて強引に引っ張ると動き始めたので、そこからは一気にゴリ巻きで浮かせにかかる。
しかしその途中でまたしても根に入られて動かなくなってしまった。
今度はいくら引っ張ってもビクともしない。
仕方ないのでロッドを曲げて強いラインテンションをかけたまま、相手が出てくるのを気長に待つことにした。
微動だにしなかったロッドが数分経ったところで動き始めたので、一気に根から引き剥がして、そこからまた歯を食いしばってゴリ巻き。
そしてついに水面に姿を現したのは、やはり良型のアコウだった。
雨も止みそうになかったので、急いで写真を撮って魚を絞めて撤収。
こうしてお土産だけは確保できたのだが・・・
さだぼう!さん、何やってたの?
5月12日 マダイ48cm

マダイ48cm (自作タイラバ15号)
晴天微風で絶好の釣り日和となった土曜日。

何を釣りに行こうか迷ったが、タイドフラフを見てマダイ狙いに決定。

ちょっと早起きして出発したが、タイラバを投げ始めたのはすっかり日が昇ってからだった。

それでも潮が緩む直前のタイミングでボトムからの巻き上げ時にゴンゴンとマダイのアタリが来てそのままフッキングに成功。

スリリングなやりとりを楽しませてくれたのは48cmのレギュラーサイズのマダイだった。

マゴチやヒラメもいいけど、マダイの引きも気持イイ~♪
5月6日 ヒラメ55cm マゴチ48cm

ヒラメ55cm (ハードコアスピン32g)



マゴチ48cm (自作タイラバ12号)



さだぼう!さんもマゴチ (タイラバ)
連休後半に吹き荒れた風がやっと収まったゴールデンウィーク最終日。

さだぼう!さんと朝マズメ現地集合でヒラメを狙ってみる事にした。

今日はできればさだぼう!さんにヒラメを釣ってもらいたい。

そこで自分は端っこの方で隅っこの方にスピンテールを投げ始めたその開始3投目にゴンッ!?

重量感たっぷりの引きは本命っぽかったので、慎重に寄せて浮かせて、水中にユラリと姿を現したのはやはりヒラメだった。

さだぼう!さんにタモ入れを手伝ってもらって無事55cmのヒラメを取り込んだ。

前日は強風の中1日頑張ってノーバイトだったのに、釣れる時はこうもあっさり釣れてしまうものなのか・・・

その後は何とかさだぼう!さんにも釣ってもらおうと粘ったがアタリのないままこの場所は撃ち切った感じになってしまった。

そこで次はマゴチを釣りに行こうという事で、うどん休憩をはさんで大きく移動。

移動した先の岸壁では時々サゴシが跳んでいた。

そこでメタルジグなんかを投げてみたが、どうやら極小ベイトを食っているらしく反応が得られない。

仕方ないので予定通り真面目にマゴチを狙う事にした。

するとまずは自分にマゴチ48cmがヒット。

続いてさだぼう!さんにも小ぶりながら本命のマゴチが釣れてボウズ逃れ成功。

その後はなぜか山さん、ヤスさん、レッカーさんと次々と遭遇した。(笑)

そこからは魚は釣れなかったものの、みんなでダベって釣りしてランチして、お昼過ぎに解散。

ゴールデンウィーク最終日に釣れてくれてヨカッタ・ヨカッタ (^-^)
5月2日 マゴチ2匹 ソゲ (いずれも40cmぐらい、全てリリース)

マゴチ40cmぐらい (自作タイラバ10号)


マゴチ40cmぐらい (自作タイラバ10号)
高松に用事があってお出掛けしたが、ちょっと時間が空いてしまった。

小雨が降ったり止んだりしていたが、j風は吹いていなかったので暇つぶしでタイラバを投げてみることにした。

いつもの場所には先行者が居たので、ちょっと離れた場所でやってみる。

まずはおなじみのマゴチが釣れたのだが、ちとこまい(小さい)

さらにマゴチを追加したものの、先程と同サイズだったのでこれもリリース。

それなりに遊べたのでそろそろ終わりにしようかと思い始めた頃、着底直前にコンッ!という気持ちよいアタリが来た。

これはヒキからしてマゴチではなさそうだったので期待を込めて寄せてくると、姿を現したのはやっぱりヒラメ・・・というかソゲ。

結局この日はオールリリースだったけど、よい暇つぶしにはなったかな^^

 
  ヒラメ(ソゲ) 40cm (自作タイラバ10号)
4月21日 午前:マゴチ47cm・62cm・約40cm  午後:マゴチ48cm

マゴチ47cm (自作タイラバ10号)


マゴチ62cm (自作タイラバ10号)
4月は息子の引越しやら自分の引越しやら悪天候やらで釣りに行けていなかったが、この日は穏やかな晴天だったのでやっと釣りに行くことができた。

どこへ何を釣りに行こうか迷ったけど、やっぱりまたヒラメが釣りたくて高松へ行ってみることにした。

開始早々リールが壊れるアクシデントがあったが、予備タックルのリールに交換して午前7時に釣り開始。

その2投目の足下で何かがヒット。

ヒラメ・・・にしては首振りが激しい。

で上がって来たのはやっぱりお馴染みマゴチさん。

47cmと小ぶりだったけど、今季初モノで美味しそうだったのでお土産にキープ。

一旦クルマに戻って、絞めて血抜きしてポイントに戻って釣り再開。

するとすぐにまた同じポイントでガツンとヒット。

今度は重量感タップリ・・・ではあるが激しく首を振っている。

水面下に姿を現したのは案の定マゴチだったが、今度のは型がよくて、何度ドラグを鳴らして下への突っ込みを見せてくれる。

無事に取り込んだのは62cmのマゴチで、このくらいのサイズになると引きが強くて面白い。

これもお土産にキープ

その後は40cmぐらいのおチビちゃんを追加し、午後8時すぎで一旦釣りを終了した。
 
   ↑この子はリリース

マゴチ48cm (自作タイラバ12号)
一旦帰宅してお昼前にカミさんと一緒にランチに出かけたついでにチョイとみちくさフィッシング。

魚が釣れるのが先か嫁が飽きて不機嫌になるのが先かというスリリングなゲームだ(笑)

1ヶ所目の水深のあるポイントでは20分ほどやってノーバイトだったので、早々に見切って移動!

すぐ近くの少し浅くて地形変化のあるポイントに移動して再開。

足下は捨てて沖を手早く探っていく。

時間的にそろそろヤバイかなと思い始めた頃に沖でヒット。

お土産追加で無事ミッションクリア♪

どうやら季節はヒラメではなくマゴチのシーズンインだったようだ。

さて来週からはゴールデンウィーク。

どこへ何を釣りにいきますかね^^