深夜釣行 > 釣果写真 > 2016年7~9月

2016年7月~9月 釣果写真

7/3マダイ52他3 7/9シーバス62・50 7/10シーバス60 7/16ヒラメ60 7/17ヒラメ52 7/18マダイ57・アコウ(小) 
8/6チヌ38他1 8/14シーバス10本 8/15シーバス50他1 8/16マダイ60・48・ニベ44 8/17マゴチ59・40・ガシラ 
9/11マゴチ52 9/22シーバス72・68・65他3 

9月22日 シーバス 72cm 68cm 65cm +セイゴ3匹 




雨の合間を縫って昼前に出撃。

タイドグラフをチェックして、まだ潮位が低かったので下流部にある水門からスタート。

その1投目、足元の護岸際で一瞬止めたTKLMに真下からシーバスが飛びついてきた。

ルアーを丸呑みして反転したのが至近距離で丸見え(笑)

まずバレそうになかったので、スマホで画像を撮りながらエラ洗いさせまくって撮影。

そのうちエラ洗いしなくなったので取り込んだのは68cmのまぁまぁサイズだった。

さらに3投目でも72cmを追加して1ヶ所目は終了。

次の川に移動して橋の下のシェード攻めをやってみる。

するとすぐに65cmを追加。




さらにセイゴを何匹か掛けたりバラシたりしているところを、こじまん&さなリンに見つかってしまった(笑)

久々にシーバスに癒された秋分の日のデイゲームだったわー^^
9月11日 マゴチ52cm

マゴチ 52cm
日曜日午後の上げ潮に合わせて、地磯へマダイ狙いのショアタイラバに行ってみた。

風と濁り潮が気になったが、潮はよく動いているのでチャンスがあることを信じてスタート。

しかしここでは同行のさだぼうさんにガシラが1匹釣れただけであえなく撃沈。

ちょっと不完全燃焼の感じだったので、港内へ移動しフラットを狙ってみる。

キットカットの袋で作ったネクタイを付けたタイラバを追い風に乗せてフルキャスト。

するとその3投目、お馴染みのマゴチでボウズ逃れ成功。

まだ釣れるか(笑)
8月17日 マゴチ40cm 59cm  ガシラ25cm

マゴチ 45cm


ガシラ(カサゴ) 25cm


マゴチ 59cm
前日に60cmのマダイが釣れちゃったので、あわよくばサイズアップをと意気込んで早朝出撃。

昨日と同じように 午前5時すぎに現場到着。

潮位よし、流れよし、風なし、天気よし。

サイズアップは別にして、今日もマダイが有望だと思えたので、夜明けとともに期待を込めてキャスト開始。

ところがこの日は開始から1時間経っても全くアタリがない。

流れもバッチリだし潮色も悪くない。

マダイが釣れた時と一体何が違うというのだ??

午前6時をまわったところで、やっとアタリが出たが引きが違う。

上がってきたのは40cmのマゴチだった。

マダイ狙いでは違う魚が釣れたら時合い終了ってのがこれまでのパターンなのだが、いきなり違うモンが釣れちまったぞ(汗)

って事は、今日はマダイが釣れないままで終了?

案の定次に釣れて来たのは25cmのガシラ。

ダメだこりゃー

さらに7時頃にヒットした魚はそれなりの引きだったのでチョット期待したのだが、59cmのマゴチだった。

良型マゴチで一応お土産は確保できたが、マダイはボウズのまま時間切れで終了。


意気込みと釣果は反比例する ・ ・ ・ と
8月16日 マダイ38cm 60cm  ニベ44cm

1匹目 マダイ38cm


2匹目 マダイ60cm


ニベ 44cm
この日は先月マダイがよく釣れ日と同じような潮順だったので、朝マズメの地磯のマダイを狙いに行ってみた。

午前5時すぎに現場到着。

潮位よし、流れよし、風なし、天気よし。

コンディションは良さげに思えたので、夜明けとともに期待を込めてキャスト開始した。

すると開始早々の5時半頃に、ゴンゴンと竿先を叩くアタリが出て、そのまま巻きアワセでフッキング成功。

スリリングな磯際の攻防もクリアし、まずは38cmの本命マダイを釣ることができた。

これを写真撮ってストリンガーにつないで釣り再開。

再開して間もない5時45分頃、今度は巻き上げ中にガツンと来たかと思うとロッドが一気に絞り込まれドラグから景気よくラインが出て行く。

ファーストランが止まったところで、もう少しだけドラグを緩めてじっくりやりとりする。

走ったらドラグ任せで走らせ、止まったらゆっくりじっくり寄せてくる。

今までにない重量感で寄せるにも浮かせるにも時間がかかったが、その分磯際に浮いた頃にはマダイはおとなしくなっていた。

最後は難なくタモ入れに成功。

メジャーを当てると念願の60cmジャストだった(嬉)

これを写真撮ってストリンガーに繋いで釣りを再開したが、ここからはアタリが続かない。

そして潮が若干緩み始めた6時半頃、ゴツゴツとロッドを叩くアタリが出て、本日3回目のヒット。

ところがこれを浮かせてみると色が違う。

上がってきたのはルアーでは始めて釣ったかも?のニベだった。

このニベを最後に流れも弱くなり時合い終了の感じだったし、釣果にも満足だったので7時前に終了。



よく遊べましたヽ(*´∀`)ノ
8月15日 シーバス2本 50cmぐらい



前日に続いて早朝港湾部のトップゲーム。

ところがこの日はベイトのカタクチイワシが昨日より少なく、ボイルも散発的でイマイチな雰囲気。

それでもフェイキードッグを水面で動かしているとシーバスが飛び出してきた。

何発か出たうちの2本をフッキング成功したが、サイズは50cmクラスで期待の大型は今日も出なかった。

数も早朝の2本で、日が昇ってからの追加はなし。

でもまだベイトは居るからまだ遊べるかな?
8月14日 シーバス10本
さだぼん情報に踊らされるかと思いきや、両手にシーバス団子( ̄ー ̄)

朝マズメからトップに高反応で上等に遊べました♪


ヒットルアーは、ザブラフェイキードッグDS、TDペンシル95F、AIRACOBRA60
8月6日 クロダイ

チヌ38cm(フェーキードッグDS)
某つりぐ店のチヌルアー釣りフォトタービーに参戦したので、早朝6時からチヌ釣りに行ってみた。

あまりやりこんだ事のない釣りだったけど、チヌはいっぱいいる魚だし、2匹ぐらいはすぐなんとかなるだろうと思っていた。

しかしポイントとか時合いが分からず予想外の苦戦。

やっと釣れたのは3箇所目のポイントで時間は午前10を過ぎていた。

こんなんじゃダメだ・・・

チヌ※未計測 (チヌマウスリン10g)
夜の部もチヌ狙いで出撃。

超ひさしぶりに一緒に釣りをするゲンキマンとダベリながらチヌマウスリンでボトムをズリズリ。

しかしここでも予想外の苦戦。

アタリはまぁまぁあるものの、フッキングに持ち込めないのだ。

針先をチェックしてみても問題なし。

隣のゲンキマンや周囲のアングラーがポツポツと釣る中、自分はなんとか1枚釣っただけで終わってしまった。

こんなんじゃダメだ・・・
7月18日 マダイ57cm アコウ(小)

マダイ 57cm



さだぼんはガシラ



アコウ(小)






当日午後に再出撃したさだぼう!さんから朗報!

やったね! おめでとう^^
3連休の最終日も朝マズメからマダイ狙い。
今日の潮はしっかり流れていて、マダイの潮になっている感じだった。
そして周囲が明るくなって来た午前5時前、フォール中のアタリを捉えてフッキング成功。
ドキドキのファイトの末に姿を見せたのは


57cmのきれいなマダイだった

このマダイの写真撮影中に魚に暴れられて、ロッドを磯から叩き落とされてしまった。
一応ラインチェックして大丈夫そうだったのでそのまま釣り再開。
キャストするとスカッ!
60gのタングステンシンカーが切れて飛んでいった。
はやりPEに傷が入っていたようで、PEラインを3mほど切り捨ててからリーダーを組み直し釣り再開。
キャストするとスカッ!
またもや60gのタングステンシンカーが・・・
(1個2千円近くするのに・・・涙)
再びリーダーを組み直して、今度は15号鉛シンカーをセットして釣り再開。
キャストするとスカッ!
またキャスト切れって・・・この症状は・・・
原因にやっとピン!ときたのでチェックすると


トップガイドのSiCリングが割れてやがる

仕方ないので一旦車に戻って、小場所撃ち用シーバスタックル(82L)で釣り再開。
10号鉛シンカーなら何とか投げられるけど、キャストしてラインを送ってタイラバがボトムについた頃には、スプールの底が見えてる。
しかもシンカーが軽いので流れの中では底とりがしにくいし、飛距離も出ないので手前のシモリに根がかり連発(><)
なんとかアコウ(小)が釣れたものの、ほとんど釣りにならないまま時合い終了~
7月17日 ヒラメ52cm

ヒラメ 52cm
3連休中日は、もえけんさん、さだぼう!さんと早朝からマダイ狙いに出撃。

ところがこの日も潮の流れが緩く、朝から1時間以上やってもアタリひとつない状況だった。

なんとかマダイをと思い、より潮が動いてそうな場所に移動してみたものの、全然思ったような状況ではなかった。

そこで、さだぼう!さんからの
「マダイは諦めて釣れるものを釣りに行きましょう」
との提案により、狙いをフラットフィッシュに切り替えた。

6月の雑誌取材でさだぼう!さんがヒラメを釣った場所に3人で移動し、釣り始めてまもなく・・・

キットカットカーリーのタイラバにヒラメがヒット。



えーと・・・
ネタどっかに落ちてませんかね (´-`;)
7月16日 ヒラメ60cm

ヒラメ 60cm
3連休初日は早朝の満ち込みを狙ってマダイ釣りからスタート。
1ヶ所目の地磯ポイントは今日の潮位ではじき帰れなくなりそうだったので30分程やって移動。

2ヶ所目のポイントでは、1投目でいきなりヒット!

重量感タップリだけどマダイにしては引きがおかしいと思っていたら、浮いてきたのは茶色いやつだった。


タイラバのネクタイはキットカットの袋(笑)


その後は何事も起こらないまま終了~
赤いのはどこ行った??
7月10日 シーバス60cm
早朝からさだぼう!さんとマダイ狙いのタイラバゲームに行ってみた。

先週釣れたポイントに朝マズメから入ってみたが無反応。

だったら別の場所という事で、今まで全くやったことのない場所に行って粘ってみたが、さだぼう!さんの1バラシのみで終了。

まぁでも新規場所でマダイらしきアタリを捉えたというのは今後に繋がるかな?


自分は完全ノーバイトだったので、午後イチから一人で河口の鉄板ゲームで60cmのシーバス1本の釣果。

橋の下シェード攻めは、1回反転くらっただけで終了。

しかし短い仮眠を挟んで、深夜シーバス⇒早朝タイラバ(ホゲリ)⇒アフタヌーンシーバスというトリプルヘッダーってのはオサーンには堪えますな(腰いてぇ)
7月9日 シーバス62cm 50cm

1本目62cm(エスフォー9)

2本目50cm(エスフォー9)
蒸し暑い深夜に水路奥でシーバスを探してみた。

濁りはあるがベイトの気配は薄い状態。

ボイルなんてのも見当たらない静かな水面だった。

際だ隅だをやる前に、まずはオープンエリアをエスフォー水面テロテロ引きで探ってみる。

すると静かな水面が突然バーンと弾ける。

完全にロッドに重みが乗るまでアワセないのがこの釣りなので、慌てずそのまま巻き続ける。

4発目の水面炸裂で1匹目62cm。

さらに1本バラシの後、2匹目50cmが釣れたところでトップには出なくなってしまった。


その後は水門際だの壁際だの隅っこだのをネチネチやってみたが無反応のまま終了。


まずはシーバスGP第4戦リミットメイク達成っと♪
7月3日 マダイ 最大52cm 4枚

1枚目 52cm


2枚目 43cm
もしかしてマグレで1匹ぐらい釣れたりしないかな?
そんな淡い期待だけで、瀬戸内の地磯マダイに初挑戦。

釣れるアテは全くなかったので、さだぼう!さんを道連れにダメ元でやってみたら・・・

夜明けから朝の8時までで4枚も釣れちゃった🎵

どうなってんの?.

釣行記はコチラ


    3枚目38cm 順調にサイズダウン(笑)


    4枚目 チャリコ(未計測)