深夜釣行 > 釣果写真 > 2016年10~12月

2016年10月~12月 釣果写真

10/10アコウ28 
11/13シーバス54 11/27シーバス75他2 
12/25チヌ・アイナメ
 12/29シーバス72他6 12/30シーバス62 12/31シーバス58・43 

12月31日 シーバス 58cm 43cm

43cm (X-80SW Shallow)



58cm (マニック95)
濁りが入っていて連発した一昨日とは違い、晴天・澄潮・真っ昼間となると単発でセイゴを拾っていくゲーム展開となる。

それでも、これはこれで楽しい遊びなのだ。

気取られないようにポイントに息を殺して近づく緊迫感。

見切られたら次はない1投勝負のピンスポット攻め。

ルアーの下で反転するシーバス。

手を変え品を変えてやっと食わせる展開。


視覚で楽しむエラ洗い。

そしてミスキャストで砕け散るルアー(笑)

1時間以上かけてやっとこさ2本だったけど、釣れるには釣れたしサイズ的にもこれが出ればOK!


それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませー^^
12月30日 シーバス 62cm

62cm (TKLM80)
込み潮の時合いでポンポンと釣って終了の予定だったのに、まさかあそこまでやる羽目になるとは思わなかった。

でもまぁとりあえず釣れて良かった ε-(´∀`*)ホッ

レッカーさん、さだぼう!さん、寒い中遅くまでお疲れっした~


月間釣り画報2月号は1月20日発売だそうです。

ナイトゲームのシーバス難しい・・・
12月29日 シーバス7本 セイゴ~最大72cm

1本目 50cmぐらい(X-80SW)


2本目 72cm (ナイトレイド80)


3本目67cm(ナイトレイド80)


4本目 42cm (TKLM80)


5本目 50cmぐらい(ナイトレイド80)


6本目 セイゴ (ナイトレイド80)


7本目 セイゴ (ナイトレイド80)
冬休み初日の12月29日

まずは朝イチでいままでやったことのない地磯に行ってみたが、あえなく撃沈。

ただ先行者の方は釣っていたのでまた次の機会に期待しよう。

しかしまだ時間はあったので、大きく移動して河口ポイントへ行ってみた。

いい具合に濁りが入っていていい感じだったので、まずは水門前のシェード壁際をミノー(X80-SW)で撃ってみる。

するといきなりヒット。

上がってきたのは、小さいながらもコロッと太ったきれいなシーバスだった。

いきなり釣れたのでもしかして連発モードかと思いきや、水門前では後が続かない。

一応オープンエリアをメタルバイブ(IP-18)でチェックしてみるが反応なし。

そこで次はシェード撃ちに移行する。

するとこれが正解だった♪

表層テロテロ引きのナイトレイド80にいきなり70アップが食いついてきた。

しかもこれだけでは終わらない。

72cmをリリースした後、ちょっとポイントを変えて撃ってみるとまたもや同クラスがヒット。

このシーバスはファイト中にフナを吐き出したが、吐き出されたフナは元気に泳いで逃げていった(笑)

どうやらフナが落ちてきていて、それを狙ってシーバスが入ってきているようだ。

その後もシェードや壁際を中心に次々とポイントを変えながら丁寧に探っていくとシーバス連発モードに突入♪

型は落ちてきたものの、3連続ヒットとかもあって順調に数を伸ばしていく。

3本ほどバラシもあったが、合計7本のシーバスを釣り上げることができた。

そして最後にセイゴをバラシた後はアタリがなくなってしまったので、午前11時頃で終了とした。

11Hit7Getで最大72cmなら上等!

意外と遊べてヨカッタヨカッタ^^


12月25日 チヌ アイナメ



クリスマスにさだぼう!さんを拉致って1年ぶりとなるシーバスポイントへ行ってみた。

ここはとにかくバイブレーションを遠投しては巻き上げる釣りで、巻き上げ途中にデカシーバスがドスン!という寸法なのだが・・・

投げても投げても巻いても巻いてもアタリがない。

今日はダメなのかな?と思い始めた頃、手前の磯際で何かがヒット!

しかしヒキがおかしいと思ったら、姿を見せたのは良型のチヌだった。

その後は再びアタリのない時間が続く。

仕方ないのでオヤツを食べたりコーヒーを飲みながらしながらのんびりやることにした。

さだぼう!さんもアタリはないようだ。

そしてそろそろ終了予定時間が近づいてきた頃、再び磯際で何かがヒット。

しかしこれもシーバスとは違うヒキだった。

姿を見せたのは茶色い魚だったので、「やっぱりエソかー」と思って抜きあげたら、これがアイナメだった。

コイツは美味しいヤツなのでキープ♪

シーバスは釣れなかったのは残念だったが、今後に期待という事で!

あれ?さだぼうさん
写真がないんですけど、何やってたの?( ̄ー ̄)
11月27日 シーバス 42cm 30cmぐらい 75cm

42cm (ナイトレイド80)


セイゴ (TKLM80)


75cm (サラナ95F)
日曜日の昼間に雨が降っていたので、雨が上がった夜の上げ潮で中西讃の河川を叩きに行ってみた。


1ヶ所目は完全にアテが外れてノーバイト。


2ヶ所目では1投目の明暗壁撃ちで目論見どおりシーバスが飛び出してきたが、まさかのラインブレイク。

ラインチェックを怠った自分のミスです。

さようならレッドヘッドのナイトレイド80
(まぁまぁお気に入りだったのに)

この後はやはり橋の明暗壁際攻めでセイゴを2匹釣ったが、デカイのは出てこない。

諦めて帰ろうかと思ったが、まだ時間も早かったので別の川に行ってみることにした。


潮位も高くなっていたので、最上流の堰を叩いてみる。

すると足下の暗闇で重量感のあるアタリが出た。

ところがそこからのダッシュとかエラ洗いが来ない。

途中でチョットだけ突っ込みを見せたが、大した抵抗もしないまま玉網に収まったのは75cmのシーバスだった。

見た目は特に病変とかはなかったが、なんであんなに引かなかったのか・・・


その後さらに別の川も叩いてみたが、追加のないまま満潮となったので終了。

久しぶりに夜シーバス釣った気がする(深夜釣行なのに)
11月13日 シーバス 54cm

54cm (マニックフィッシュ88)
1dayシーバスGPという事で、最近すっかり重くなった腰をようやく持ち上げて出撃。

夜の部は上潮のげ時合い1時間やって1バラシのみで終了。
前日までの激務でお疲れモードだったので、開始1時間の夜9時過ぎで心が折れてしまったのだ。

朝の部は8時頃から再開。
オープンエリア表層をフラフラ回遊するシーバスの群れをいきなり発見した。
70cm級を含む10匹ぐらいのスクールが足下て泳いでたけど、ルアーは何投げてもガン無視される。
釣れない見えシーバスは深追いせず、セコ釣りに移行!

しかし小場所撃ちも澄潮でチェイスはあれど見切られたりしてバイトが得られない。
最後は長靴ジャブジャブで水際に降りて、マニックFishでシェードの壁際の表層責めなどというセコ技を発動(笑)
これでギリギリ1匹だけ54cmが釣れて、ホゲリ部屋は脱出成功~

うーん、セコイw
10月10日 アコウ 28cm
3連休の最終日に久しぶりのショアタイラバに行ってみた。

開始したのはお昼前だったが、暫くやってもアタリなし。

ダメかなと思い始めた時に待望のアタリが出たが、上がってきたのは28cmのアコウだった。

その後もアタリのない時間が続き、終了の合図(エソ)が釣れたので、お昼過ぎに終了とした。

うーん、イマイチ癒されん。